電気システム科
HOME学科案内 > 電気システム科|在校生・修了生インタビュー
学科案内
資料請求・お問い合わせイベントカレンダーキャンパスライフ募集要項

スキルアップセミナー委託職業訓練

前橋産業技術専門校はこちら高崎産業技術専門校はこちら
電気システム科
  • 電気システム科の特長
  • 実習内容・資格・就職
  • 在校生・修了生インタビュー

在校生へのインタビュー
電気システム科 2年 根本 一輝 さん 電気システム科 2年
根本 一輝 さん --- 「電気工事施工管理技士として、
 社会に貢献します」


高校は定時制の普通科を卒業しました。正社員と同様に働きながら、夜間から始まる授業を受けていました。定期試験の点数が悪く、毎回のように赤点でしたね(笑)もちろん電気などの専門的な知識も全く知らない状況でした。そこで、将来仕事をする上で、自分に強みがないことに気がついたんです。そこで、手に職をつけるために太田産業技術専門校への入校を志望しました。

電気システム科 2年 根本 一輝 さん オープンキャンパスでの雰囲気や、就職率100%という数字が、多くの企業と信頼を築いていることを裏付けていると感じましたし、とても魅力的でした。
実際に入校してみて、先生方は生徒ひとりひとりに親身に電気の知識を教えてくださり、就職についてもよく面倒を見ていただきました。また多くの企業に就職する際に求められる資格取得にも協力的で、学生のうちに取得することができたので、就職後は集中して仕事に取り組むことができそうです。
年齢層が幅広いクラスで全員が仲良く、学校生活以外でも遊んだりしていますよ。仲が良すぎて、たまに授業では騒がしくなる場面もありますけど(笑)、試験前には節度を持って勉強できる雰囲気です。電気の知識を学ぶだけでなく、クラスメイトとの共同作業で対人能力を向上することができたのも、良かったと感じています。
将来は、産技専で学んだことを活かせるように「電気工事施工管理技士」として、社会に貢献したいです。
産技専に関心を持った方は、ぜひオープンキャンパスに参加してください!自分の目で見て、自分の手で体験することで、より産技専の魅力を知ってもらえると思います。
ページの先頭へ 修了生へのインタビュー
平成23年度修了生 三高電機株式会社 高橋 拓也 さん 平成23年度修了生
三髙電機株式会社

高橋 拓也 さん --- 「着実な資格取得と
 充実した学生生活!」


製造部で分電盤・制御盤等の製造をしています。現場作業に出勤し、現地に備え付けのキュービクルや制御盤の内部を改造する作業を行うこともあります。まだまだ経験年数が少ないので、先輩方の足を引っ張ってしまうこともしばしばありますが、その経験をバネにして盤を完成させたときの達成感はいつでも「専門校で学んでよかった」と思える瞬間です。一緒に仕事をしている方たちから褒め言葉を頂くだけでも、「また頑張ろう」と仕事に対するやりがいを感じるきっかけを作れます。
産技専で、部品に触れ、工具を手にして作業を実践した経験があったので、入社直後もすんなり作業に馴染み、手早くこなすことができ、社内の方々から大きな評価を得ることにつながりました。自分の技術を磨く毎日ですが、産技専で得られたものはどれも仕事で使えるものばかりで、学べたことに大変感謝しています。
太田産業技術専門校は、体を動かす授業が多く、学ぶ楽しみも自分の体で実感でき、同時に資格も着実に取得していく事ができます。また、授業や実習を通して幅広い年齢層の学生たちと触れ合え、イベントもたくさんあり、充実した学生生活を送ることができました。
就職に対する不安の中に秘められた『未知と無限の可能性』をこの専門校で実らせてみませんか?就職したその先で、ゼロから育てた自分の実力と魅力を開花させられた時の感動を、ぜひ自分で体感して見てください。
上司のコメント
三髙電機株式会社 小見 剛彦 さん弊社は、配電盤・分電盤・制御盤の営業、設計、製造を行う会社です。また、現場作業では各種盤内改造を行っております。
産技専のみなさんは、学校でシーケンスの基礎を学んでいることもあり、入社して直ぐの状態でもスムーズな作業ができます。また、配線の方法やリレーの接点の仕組みが分かっているだけでも、教える内容が省けることにつながります。短期間で作業に馴染むことができるため、産技専の修了生を採用しました。
 高橋さんは入社して3年目になりますが、仕事に対して前向きであり、作業時においても動きがスピーディで、熱心に取り組んでいます。また、分からないことがあった際は先輩たちと積極的に聞くなどして、自分のやる作業の活路を開いています。
 今後、産技専で学ぶ皆さんには、『責任感をもって仕事に取り組み、進んで作業ができる、そして誰に対しても素直に話せる人』になれることを期待したいと思います。自分を育み、就職戦線に堂々と立ち向かえる強力な人材になれるよう頑張ってほしいと思います。
上司のコメント
ページの先頭へ