群馬県立太田産業技術専門校のmoのjoに密着

CADシステム科の齋藤映穂です。
最初はCAD科の体験授業で「これならできるかも…」とほんの少しの興味で
始めたけれど、今は「ものづくり」の上流工程に携われる面白さを感じています。
早く社会に出て働きたい!だから、この学校で勉強頑張っています!
そんな私の学校生活をご紹介します。

campus life

8:40 学科授業

先生が楽しく授業を進めてくださるので、
笑いも多い授業です。

11:00 実習授業

やっぱり一番楽しいCADの授業。
形になっていくのがワクワクします。

12:30 昼休み

お昼はいつも学科の女子メンバーで食べています。
このラウンジはお気に入りの場所。

14:00 授業

仲間と助け合いながら、
実習できるところがいいです。

16:00 放課後

わからないところを先生に聞いたり、
バイトに行ったりしています。

Dream

動画再生

OG Interview

岡部工業 株式会社
製造部 工作3課 第1係

渡邉 紫穂里さん(平成26年入社)

初めは「ものづくり」にあまり興味はなく、手に職を付けるために溶接の世界に飛び込んでみました。
ですが、溶接を通して「ものづくり」をしてみると、もっと色々な物を作って、人々の役に立ちたいと思うようになりました。今は、TIG溶接を主にやらせてもらっています。鉄・ステンレス・アルミの溶接を1つの溶接機でこなせたり、火花等が少ないという

渡邉 紫穂里さ
渡邉 紫穂里さ

メリットがあり、様々な製品に携わらせてもらっています。
溶接が上手く綺麗に出来た時や、今までよりも短い時間で仕事を終わらせられた時などに自分も少しずつではあるけれど成長しているなと、実感出来た瞬間にやりがいを感じています。
これからも溶接の腕を磨いて、「渡邉さんの作った物なら安心だね。」と人々から信頼される様な「ものづくり」をし、安心・安全・便利な製品を作っていきたいと思っています。

その他